環境の変化による腰痛

2014年04月7日

こんにちは。
甲斐整骨院松橋院です。

唐突ですが皆さんに質問です。
桜の美しさは満開時か、それとも散り際か
どちらにあると思われますか?

昔、桜にまつわる俳句でこのような句があります。

『散る桜 残るも桜 散る桜』

これは、江戸時代の
僧侶で歌人の良寛和尚が
最後に詠んだとされる歌(辞世の句)ですが
その意味は、

「散る桜も残る桜もやがては等しく死を迎える運命を秘めている」

というものです。
私には、限りある命だからこそ、
それをどう生きるかは自分次第というようにも受け取れます。
皆さんはどう思われますか?

この桜の季節には、
人生のイベントにおいても、
卒業式や入学式、送別式や着任式など、
終わりと始まりのある時期でもあります。

このような「環境の変化」がある場合
人間は体調を崩しやすいものです。

例えばこの時期に多い「腰痛」
新入社員のケースに当てはめると
慣れないデスクワークや立ち仕事で
たちまち腰を痛める方が多いです。

頑張りすぎてつい我慢しがちですが
腰痛の場合、悪化するとヘルニアを患う場合もあるので
早め早めの治療が肝心です。

新しいことも慣れれば
経験と知識になって人生の糧になるもの。

今は焦らず、ゆっくり歩んで生きましょう!
もちろん体調はいつでも万全に!

tel:0964-27-5158

甲斐整骨院グループ紹介

  • 帯山院HP

    帯山院

    〒862-0924
    熊本県熊本市中央区帯山6丁目8-41
    TEL:096-285-5112

  • 合志院HP

    合志院

    〒861-1113
    熊本県合志市栄2127-141
    TEL:096-248-3393
    FAX:096-248-3393

  • 松橋院HP

    松橋院

    〒869-0502
    熊本県宇城市松橋町松橋941-1
    TEL:0964-27-5158
    FAX:0964-27-5159

  • 山鹿院HP

    山鹿院

    〒869-0517
    熊本県山鹿市大橋通201
    TEL:0968-41-5599

  •  

     

     

     

     

    ~関係各位の皆様へ~
    熊本市南区の「整骨院 甲斐」と当「甲斐整骨院グループ」とは一切関係御座いません

ページの先頭へ